霧島山(新燃岳):火山の状況に関する解説情報(第025号)

11月18日2時45分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>  新燃岳では、11月17日19時頃から火山性地震が増加しており、火山活動に高まりが認められますので、今後の活動の推移に注意してください。
新燃岳では、11月17日19時頃から火口直下を震源とする火山性地震が増加しており、18日02時30分までの24時間で15回発生しました。  火山性微動は観測されていません。
 11月17日からの火山性地震、火山性微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震    火山性微動  17日12時から24時まで    12回       0回  18日00時から02時30分まで  3回       0回    傾斜計等の観測データに特段の変化は認められません。    監視カメラによる観測では、昨日(17日)20時以降、天候不良のため噴煙などの状況は不明です。    新燃岳では、火山活動に高まりが認められますので、今後の活動の推移に注意してください。
活火山であることから、火口内及び西側斜面の割れ目付近では、火山灰の噴出や火山ガス等に注意してください。  なお、これまでの噴火により登山道等が危険な状態となっている可能性があるため、引き続き地元自治体等が行う立入規制等に留意してください。
火山の状況に関する解説情報(詳細) www.jma.go.jp/jp/volcano/info.html
———— ▼

Follow me!

前の記事

消防情報

次の記事

気象警報・注意報