和水町情報メール 8月号

平年の7月1カ月の2倍を超える雨量を5日間で記録した7月の豪雨。和水町も多くの被害が発生しました。秋にかけて台風等の影響で、大雨・暴風等による自然災害が発生しやすい時期です。普段から災害に対しての心構えが必要です。今月は、日頃の備えについてお知らせします。   【家族で防災会議をしましょう】 ———————————————- 家の付近の浸水状況や土砂災害のおそれのある箇所の確認、家族間の連絡方法と最終的に出会う場所、家族一人ひとりの役割分担などについて、ふだんから家族で話し合っておきましょう。
【非常持出品・備蓄品リスト】 ———————————————- ●非常持出品:ヘルメット・防災ずきん、水、リュックサック、非常食、貴重品、救急医薬品・常備薬、携帯ラジオ、懐中電灯、生活用品(軍手、ライター、ナイフ、缶切り、タオル、雨具など) ●非常備蓄品:非常食(缶詰、レトルト食品など)、水(1人1日3リットルが目安)、生活用品(カセットコンロとガスボンベ、毛布、トイレットペーパー、ビニール袋、ドライシャンプーなど)、工具類(スコップ、ロープなど)
【避難時のポイント】 ———————————————- ●電気のブレーカーを落とし、ガスなどの元栓を閉めます。 ●近所の一人暮らしのお年寄りや病気の人がいる場合は、声をかけ合って一緒に避難しましょう。 ●水路には十分注意して、できるだけ高いところにある道路を選びましょう。 ●避難に関する情報が発表されたら、速やかに避難しましょう。 ●車での避難は緊急車両の通行の妨げになり、交通渋滞を招きます。なるべく徒歩で避難しましょう。
【洪水時の避難のポイント】 ———————————————- 運動靴で避難しましょう。長靴は水が入って歩きにくくなるため危険です。足元が見えないことが多いので、道路の真ん中を杖でつきながら慎重に歩きましょう。橋を渡らないようにしましょう。
【指定避難所】 ———————————————- ●菊水地区:和水町体育館、中央公民館、菊水中学校体育館、菊水小学校体育館、旧南小学校体育館(各駐車場含む) ●三加和地区:スカイドーム2000、三加和公民館、春富集会センター、福祉センター、三加和小学校体育館、旧緑小学校体育館、旧春富小学校体育館(各駐車場含む) ※災害の種類に応じて開設する避難所は異なります。旧小学校体育館を避難所として開設する時は、防災行政無線などでお知らせします。
【応急手当て】 ———————————————- 避難している途中でけがなどをしたときの応急手当てを紹介します。 ●骨折:骨折部分に木の板や雑誌、ダンボールなどを使ってしっかりと、元に戻そうとせずそのままの状態で固定します。きつくしばりすぎないよう注意してください。 ●出血:きれいなガーゼ、ハンカチなどを直接傷口に当て、手で圧迫します。感染防止のため、ビニール手袋や買い物袋を使いましょう。 ●やけど:水道水などのきれいな水ですぐに冷やします。多量の水がない場合は、清潔な布を水に浸したものを患部に当てて冷やします。 ●呼吸していない:AED(自動体外式除細動器)を使用します。落ち着いて指示に従って行いましょう。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 《発信元》 和水町まちづくり推進課 和水町江田3886番地 電話0968-86-5721 FAX0968-86-4215 HP http://www.town.nagomi.lg.jp/   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

——————– このメールは配信専用です。 返信いただいても届きませんので、ご注意ください。 登録内容変更、または配信停止・退会希望の方は下記より gw.ansin-anzen.jp/m/auth/index/id/2477498/?guid=on

Follow me!